バニラエアで成田から札幌に行ってきました。

バニラエアで成田に行った体験談

バニラエアを利用して成田から札幌に旅行に行ってきました。
今回バニラエアという格安航空会社を利用したのですが、かなり良かったです。
久しぶりの旅行でしたので、ちょっと旅費は押さえて料理を満喫しようということで、今回は格安航空会社にチャレンジをしたということです。
なんと、成田から札幌までが四千円で行けるというのは驚きの値段でもありました。
これなら、断然近場よりもいいということで、今回初めて利用することにしたわけです。
これまで何回か大手といわれるような飛行機の会社には乗ったことがありますが、そんなに違いはないだろうと思っていましたから、格安航空会社でもいいのではないかと思ったのです。
実際に利用してみて感じたことは、特に違いはないのではないかということでした。
予約の段階から特に難しいことがあったわけでもなく、簡単にネットから予約をすることができて、特に難しいこともありませんでした。
キャンセルなどがあれば別かもしれませんが、特に使いにくいなどと感じたことはありません。

バニラエアで成田に行った体験談 / 大手との違いは得に感じなかった / この価格は企業努力の賜物

バニラエアで成田からホーチミンへ

会社の同僚と、念願だったベトナム旅行をしました。歴史的なスポットを巡り、美味しいものを食べ、快適なホテルでのんびり過ごすのが最大の目的でした。

限られた少ない予算で、最大限に旅を楽しむためには、お金をかけるべきところと、切り詰めるところをあらかじめきっちり決め、賢く計画を立てるべきだと考えました。そこで私たちが選んだのは、ベトナムまでの移動費を節約し、現地では優雅に過ごすといった旅のスタイルでした。女だけの2人旅だったので、治安があまりよくない地区の安ホテルに泊まるなど論外。日本からベトナムまでの道中でお金をなるべく使わないのが理想的です。成田からホーチミンへの便を検索し、各航空会社の運賃を比較したところ、安かったのがバニラエアでした。直行便ではなく台北経由でしたが、オフシーズンだったこともあり、預ける荷物にかかる料金をプラスしても、往復で3万円を切るという破格でした。ちなみに預ける荷物にかかる料金は、20キロまでなら1つにつき片道3000円でした。

最終目的地までの搭乗手続きと荷物のお預けができるスルーチェックインだと、値段が上がってしまうので、経由地で再搭乗手続きをして、荷物をいったん取り出すことにしました。少し面倒ではありましたが、節約のためには、労力を惜しまないというのが鉄則です。当初予定していた金額の約半分でベトナムまで行けたのは、本当に助かりました。

格安航空便でしたが、飛行機の乗り心地はよく、客室乗務員も悪くなかったです。パイロットも有能らしく、着陸時のショックも最小限で、揺れも少なかったです。ただ、座席が小さく機内が狭く感じられました。フライト時間が短かったので大丈夫でしたが、ヨーロッパやアメリカなどへの長時間の移動だったり、体の大きな男性だったりしたら、辛いと感じるのではないかと思います。サービスは最小限でしたが、支払った料金と釣り合っていて、機内が清潔だったので不満はありません。

格安の航空会社だったからなのか、他の飛行機との兼ね合いで偶然だったからなのか、私の方では判断がつきかねるのですが、機体が空港内の僻地に到着したようです。おかげで、飛行機を降りてからバスに乗り、その後かなり歩き、やっとのことで荷物を受けとるエリアにたどり着く羽目に。飛行機内の移動の多さは、成田、台北、ホーチミンのすべてで共通していました。目的地に到着する前に疲れてしまいましたが、すべては移動費を節約して現地で豪遊するためだと心に言い聞かせ、堪え忍びました。

その甲斐あって、ベトナムでは夜景が素晴らしい4つ星ホテルに宿泊し、良いレストランでグルメを堪能することができました。ベトナムは物価が安いので、低予算でもかなり優雅な思いを味わうことができます。飛行機で浮いたお金で、お買い物も充実させることができ、質の良い民族衣装を購入し、家族や会社の人のお土産も奮発しました。おまけに、普段は手を出さないブランドものも買ってしまいました。ただし移動費を節約するというのが旅の合言葉だったので、なるべくタクシーにも乗らないように心がけましたが。最高の思い出を作ることができたのは、出費のメリハリのお陰だと思っています。

就航先と予約席の数には限りがあるようですが、今後もバニラエアを利用したいです。格安とはいえ、飛行機の中で過ごす時間のクオリティーに関しては、他の航空会社と比較しても遜色がありません。機内食を期待する場合は別ですが、機内ではどうせ寝てしまうといったひとにとっては、お勧めです。格安の航空会社が増え、価格競争が激化しているのは、特に私のような節約家の利用者にとってはありがたいことです。